UK生活備忘録

ロンドンに住んでる間の備忘録。ヨーロッパを旅行します。URLはちょっと間違えた。

【WeWork】話題のコワーキングスペース「ウィーワーク」。社員目線のメリデメ。

現在ロンドンで働いているのですが、
私の会社はWeWork(ウィーワーク)の一部屋を借りており、
そこをオフィスとしています。


WeWorkといえば、最近ソフトバンク
出資したことで、日本でも話題になっていますね!

これから日本企業もWeWorkを活用するかも?ということで
ウィーワークを使ってみた社員目線での
メリット・デメリットを紹介したいと思います。


WeWork(ウィーワーク)ってなに?


▼WeWorkの廊下

f:id:askubota:20170803225523j:plain:w300

一言でいうとコワーキングスペースです。

ロケーションにもよりますが、
ビル全体をWeWorkが借り上げていたり、
ビルの1フロアが全部WeWorkだったり、サイズはいろいろ。


私が訪れたイギリスのWeWorkは
基本、各オフィスがガラスばりで、
一周するといろんなオフィスを観察することが出来ました。
(セキュリティ的にいいのか?!)


中のオフィスはほんとーーーに様々です。

洋服通販で在庫が溢れる会社、
おしゃれなボトルを販売している会社、
アプリケーション開発会社、などなど!

つらなるメンツも様々ですが、
名前を聞いたことがあるような企業もけっこういます。

メリット


ネットワーキングが楽しい

どこのWeWorkにも共有スペースがあって、
みんなそこでランチしたり、休憩したり、
雑談したりしています。

同じビルに入っている他会社の人と
毎日顔を合わせるので、自然とコミュニケーションがとれます。


▼フリースペースでやった'Japan Party'の様子

f:id:askubota:20170803230650j:plain:w300

▼WeWorkスタッフが相撲レスラーになってた

f:id:askubota:20170803234014j:plain:w250


ロンドンなので、日本人の方がいると「おお!」ってかんじで
お互い初対面でも声をかけあったり。


イギリスでは、基本的にプッシュで新規の顧客を取る時、
紹介で場をセットしてもらったり、
ネットワーキングで自分で見つけたり、という方法がほとんどで、
全く知らない人を新規でとるのって難しんです。

会社を成長させるためにも、
ネットワーキング大事です!!!


遊びがあって楽しい

WeWork内で引っ越しをしたことがあるのですが、
前のビルでは卓球台、ゲーム機がありました。

息抜き大事。


▼インベーダー的なやつがおいてある

f:id:askubota:20170803231044j:plain:w300


▼共用のミーティングルームにテーブル兼ピンポンテーブル(ぶれぶれですみません)

f:id:askubota:20170803233746j:plain:w300


飲み物、食べ物がある

月曜日は'TGIM'ということで、
WeWorkが朝ごはんを共有スペースにおいておいてくれます。

独身には助かる!物価高いし!!


また、WeWork内の企業向けに
よくプロモーションが行われていて、
新商品のサンプル(といっても現物)が食べられたりします。


プロテインの食べ物。健康食品系が多い。

f:id:askubota:20170803234326j:plain:w250


今週全然プロモーションないな~という週も心配無用。
クッキーは常備です。


世界のWeWorkが使える

もう世界どこにいても露頭に迷うことはありません。
WeWorkがあれば。

WeWorkに入るためにカードキーを使うのですが、
これをもっていれば、どこの国のWeWorkでも入れるんです。


知り合いのフリーランスの方は
アメリカ、イギリスを往復していますが、
WeWorkで仕事が出来るから、居場所に困らないそうです。
(土日も開いてる)


WeWorkのスタッフが雑務を全部請け負ってくれる

来客の受付、掃除、備品補充、等々。
かわいいお姉さんとかっこいいお兄さんが
全部やってくれます。

犬を飼っている方は、たまに連れてきてるのですが、
散歩もWeWorkの受付の方が行ってくれてます!笑
(ただの犬好きで特別サービスかもしれない)


Webサービス(or アプリ)で色々できる

WeWork利用者向けのアプリがあります。

部屋のブッキングや来客登録などできますが、
SNSのような機能もあり、世界のWeWork利用者と
コンタクトを取ることが出来ます。

仕事の依頼なども
WeWorkアプリ内で行われています。

「翻訳お願いできる?」とか「デザイナーいない?」とか。


引っ越しの書類手続き等が楽(らしい)

これはもはや社員目線のメリットではないのですが、
「退去したいな~」と思ったら1ヶ月前通告で出られるらしい。

なのでスタートアップ系の企業に人気があるみたいですね。

デメリット


トイレが共用

大したことないじゃんって思うかもしれませんが、
前のWeWorkは男女共用だったんです!!!

便座は下げようよ!!!!!


今のWeWorkは女子だけのトイレですけど、
それでも使い方がひどかったり、まじでストレス。


同じ会社の人だったら「みんなきれいに使おうよ!」
とか言えるけど、どこの会社の人の仕業かわからないから無理。

WeWorkのスタッフにはいちおう言うけど
「Ah, OK」って絶対小うるさいアジア人だと思われてる…


一日のほとんどの時間を過ごすオフィスで、
唯一のプライベート空間なので、
けっこう大事なんだなって思いました。


会議室がクレジット制

WeWorkを借りている会社ごとに月々クレジットが割り当てられます。
それを使って部屋をブックします。

大きい部屋で長時間予約すると、クレジット消費が多く、
小さい部屋で短時間だと0.5クレジットぐらい。

小さいWeWorkだと部屋が全然とれなくて、
騒がしい共有スペースで話さなくてはいけなかったりします。


ITサポートが微妙

Wi-fi、プリンタ、モニター利用等で不具合があると
一応WeWorkのITサポートがあって
問い合わせして対応してくれるのですが、これが微妙。

全部回答は「再インストール、再起動」!


各社で利用PCとか環境が違うから、
個別のサポートだと原因究明が難しいのでしょう。

そういう意味で日本の会社のITサポートは
体系化してちゃんとやってくれてたな~
と感謝する今日このごろです。


家賃が高い(らしい)

ロケーションにもよると思うがめっちゃ高い。
家賃には電話代、会議室クレジット代、デスクなども含まれる。

まとめ


f:id:askubota:20170803235258j:plain:w300

オフィスとしてWeWorkを利用する一社員からすると
あんまりデメリットはないかな~と思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村